株式の分散は悪

同族会社だとありがちですが、親会社が子会社の株式を一部所有し、子会社は親会社の株式を一部所有している場合、事業承継円滑化法や50%の持ち株割合、特別決議に必要な2/3の持ち株の所有割合がその後の対策に大きく影響します。生前に50%を超える対策をしていたほうが、それぞれの特典を最大限生かすことも可能になりますので、もし、満たしていない場合は早めに集めることをお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>